【ピッチング】伸びるボールが投げれる呼吸法

野球(ピッチング)

 

京都の野球パーソナルトレーナー千乃鯉
最速野球術 Cozy(コージー)です⚾️

本日は以下のお悩みに解決していきます!


・緊張してしまって体に力が入ってしまう
・緊張してボールを置きにいってしまう
・伸びる球が投げられない

本記事の内容
・伸びるボールが投げれる呼吸法
・深呼吸で野球のパフォーマンス向上

 

伸びるボールが投げれる呼吸法

その呼吸法とは
足を上げる時に息を吐く
ことです。

その理由は
息を吐くことで肩、腕の可動域が広がるからです。
肩、腕の可動域が広がることで最大限のバネが生まれ
伸びるボールが投げれるのです。

例えば
ストレッチの時に息を吐いた方が良いと聞いたことはありますか?
これは息を吐いた方が体が柔らかくなるからです。

息を吸う時は交感神経が高まり(筋肉が硬くなる)
吐く時は副交感神経が高まる(筋肉が柔なくなる)
このためしっかり吐くときに筋肉を伸ばすと、
より伸びやすいとされています。


交感神経が高まると
筋肉が緊張して血管が細くなり血流が悪くなり筋肉が硬くなる。
副交感神経が高まると、
心身がリラックスモードになって筋肉が緩み柔なくなる。


Q.息を吐くことで筋肉が緩むのでリリースの時に力は入るの?


筋肉を緩んだ方がリリースの時に更に力が入ります。

この動画をご覧ください。⬇️



ボールを取られないように始めから力を入れていると
ボールが抜けてしまいます。

しかし
リラックスして筋肉を緩んだ状態から
取られる瞬間だけに力を入れると
ボールが取れないんですね。

 

深呼吸で野球のパフォーマンス向上


プロ野球選手が大きく深呼吸している
映像を見たことありますか?

投げる前に深呼吸することはとても重要です。

反対に呼吸が浅いとこんな状態になります。⬇️

・脳の酸素が足らなくなる
・集中力がなくなる
・気分が不安定になる
・落ち着きがなくなる
・不安になる
・落ち込む
・活力を失う

 

深呼吸することで
更に集中して野球のパフォーマンス向上しますね。

まとめ


足を上げる時に息を吐く
投げる前に深呼吸をする

これを意識して
リラックスした状態で集中力UPし
肩、腕の可動域を広げて最大限のバネで
伸びるボールを投げていきましょう。

伸びるボールが投げれると
更に野球が楽しくなりますね。

記事を読んでいただき、ありがとうございます。

……

ここまで読んでいただきありがとうございました!
Cozyと一緒に楽しく野球しませんか?
野球未経験・初心者、子ども、女性、中高年の方大歓迎。
Cozyのレッスンを『無料体験!』⬇️
あなたに会えるのを楽しみにしています😊
» 無料体験レッスン